災害時も日常も安心な防災アプリ、おすすめはコレ!

防災アプリ 防災備蓄

日本は地震大国。
南海トラフ地震も心配・・・

そして、雨が多い国。
地球温暖化の影響もあって、台風は強力に・・・
線状降水帯も年々発生数が多く・・・

災害も毎年発生・・・

自分の住んでるところは今まで災害起きたことないから大丈夫。
って考えは、まったく役に立ちません!!

災害に関する正確な情報を早く入手し、
危険な時は避難することが大事です。

その時役に立つのが、防災のアプリです。

防災アプリってどんなもの?

自分の住む地域(その他設定した地域)の防災速報の情報が通知されます。

どんな情報かというと、

  • 避難情報
  • 地震情報
  • 津波予報
  • 豪雨予報
  • 土砂災害情報
  • 河川洪水情報
  • 気象警報
  • 熱中症情報
  • 火山情報

など。(アプリによりいろいろなのかなと思いますが)

 

TVつけてなくても、
外出時でも、
寝てても、(通知時間の設定もできます)
情報が届きます。

常に携帯してるものだと思うので、
ここに情報が入ってくるのは安心ですよね。

 

私がおすすめのアプリは、Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報

無料でインストールしていただけます。

情報が早くて、
特に雨が多い時期にはとっても役立ちます。

 

知りたい地域を設定できる

現在地と
知りたい地域3地点の
合計4地点の情報を受け取れます。

私は、住んでる姫路市と
大学生の息子が下宿してる地域との
2地点設定してます。

旦那さんが単身赴任とかだったらその地域を設定したり、
ご実家の地域を設定してもいいですね。

息子の住んでる場所の情報も入ることで、
母として心配になり
「もうすぐめっちゃ雨降ってくるで」とかLINEしますが、
「うん」とか「知ってるー」みたいな普通な返事が返ってきます・・・
男の子ってほんとあっさりした返事ですよね(-_-;)
息子もこのアプリ入れてるので情報は分かってるんだと思いますが・・・

 

いろんな種類の速報が入ってくる

私の防災速報の画面を参考に↓

防災速報

豪雨予報も地震情報も気象警報も入ってきます。
県からお知らせなども入ってきてますね。

新潟の地震の情報も入ってきました。

設定の「全国共通の災害情報」をオフにすると
設定した地域のみの情報になります。
入ってくる情報は、
  • 避難情報
  • 地震情報
  • 津波予報
  • 豪雨予報
  • 土砂災害
  • 河川洪水
  • 気象警報
  • 熱中症情報
  • 火山情報
  • 国民保護情報
    (ミサイル発射の情報など。一時期はこれ入ってきてましたね)
  • 防犯情報
  • 自治体からの緊急情報
  • お知らせ・訓練情報
この情報は住んでる場所ではあんまり重要ではないかな・・・と思われる場合など、設定で細かくON・OFFできます。
豪雨予報も20mm/h以上・30mm/h以上・50mm/h以上・80mm/h以上と選択できます。
私は20mm/h以上に設定。20mm/hでもかなりの土砂降りです。

緊急地震速報の通知について

最初に〇秒後、震度〇みたいなのが出て
そしてこんな表示↓
防災速報 地震
これは、2018年11月2日ので
震源地は 紀伊水道
最大震度 4
姫路は実際には震度1でした
震度4の地域も 特に被害は出てなかったようでよかったです。
分かりやすい画面なので行動に移しやすいですね。

豪雨予報がとっても役立つ

豪雨予報 非常に激しい雨(53mm/h) ☂
兵庫県姫路市

って感じで豪雨予報が入ってきます。

外出時、この豪雨予報が入ってくると
「やばい!洗濯物取り入れな!」
と急いで家に帰ることができます。

子供が遊びに行こうとしてたら
「雨めっちゃ降ってくるから今日は行かんときな」
と判断することもできます。

息子が高校生の時、この情報見て
車で駅に迎えに行ったりもしました。

子供と一緒に行動されることが多い方は特に役立つんじゃないかなと思います。

 

雨の強さについて

  • 20~30mm/h 強い雨 どしゃ降り。傘をさしていても濡れる。
  • 30~50mm/h 激しい雨 バケツをひっくり返したように降る。道路が川のようになる。
  • 50~80mm/h 非常に激しい雨 滝のように降る。水しぶきで白っぽくなり視界が悪くなる。
  • 80mm/h~   猛烈な雨 恐怖を感じる。

って感じです。

 

私の防災速報の画面を参考に↓

防災速報

20mm/hでもかなりの雨だと思いますが、
最近80mm/h以上の雨も多くて、災害が起こらないかヒヤヒヤしてます。
ほんと雨の降り方が怖い。

 

避難所も確認できる

 

防災速報

地元ならどこに避難するか分かりますが、
旅行に行ったり遠出したときに災害にあってしまった場合
現在地から探すとどこに避難するか分かります。

災害によって避難する場所が違うこともあります。
例えば、山の近くの学校とかなら
地震〇 洪水× 土砂災害× など
そういうことも平和な今、確認しておいてくださいね。

 

他にも役立つこといっぱい

防災速報

例えば、災害伝言ダイヤルの利用手順とか、
こういう時どうするか?とか、コラムが書いてあったり
過去の災害も書いてあったり。

これ全部読んだらめっちゃ勉強になると思う。
あんまり読めてないけど・・・^^;

まとめ

災害や予報の情報を早く手に入れられるってほんと大事なことだと思います。

緊急地震速報は1秒を争う大事な情報だし、
気象情報(警報とか)も危険を知らせる重大な情報。
豪雨情報もあることで、そのあとの行動を変えることができます。
(早く帰るとか、不要な外出はやめとこうとか。)

スマホは常に持ち歩くものだからこそ、
便利なアプリを入れてこれから来る災害に備えてもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました