無印良品で”もしも”に備える

無印 防災 防災備蓄

無印良品で働いていたときに
無印良品の『いつものもしも』を知りました。

無印良品『いつものもしも』とは?

 

 

無印 いつものもしも

無印良品は、ふだん使いできるモノを防災用品として提案してきました。
備えは日常の中にあることが大切であり、それらを「使いこなせてこそ本当の防災力になる」と思うからです。
まず、自分の身は自分で守る。もう一度、身の回りを点検してみませんか。
そして必要と感じたものがあれば、それを一つずつ取り入れてみませんか。「わたしの備え」は、そんなところから始まります。

無印良品ー『わたしの備え。いつものもしも。』から引用。

防災意識全くなかった当時の私には、
なるほど~!!!
と衝撃でした。

昔の私は、
防災用品って、日常とは全く別の 非常時だけのものだと思ってたから・・・

日本は災害大国。
いつ災害が起こってもおかしくありません。
なので、
いつも もしもに備えておくことが大事です。

いつも もしもに備えるには、
日常で普通にあり、日常で使いこなせておかなければなりません。

無印良品のもしもに備える商品は、
防災用品をイメージして思い浮かぶようなものではありません。
無印らしいシンプルで日常に溶け込むデザインだったり、
日常で使うものが延長で防災用品になってたり。

我が家の無印良品いつものもしもをご紹介します^^

 

安全のためにも、安心のためにも必要な明かり

停電して 明かりがなくなってしまうと、とっても危険です。

転倒してケガをしてしまうかもしれません。
それに、明かりがないと とっても不安になります。

明かり準備してくださいね。

 

マグネット付センサーライト

暗い場所でセンサーが人を感知すると約10秒間点灯します。

無印 マグネット付センサーライト

マグネットまたは吊り下げ穴で、様々な場所に取り付けできます。

無印 マグネット付センサーライト

玄関扉に付けてます。
マグネットでついてます。

無印 マグネット付センサーライト

外から帰ってきて、玄関扉を開けると
センサーが扉を開けた人に反応して自動的に点灯。

かなり明るいです。

LEDセンサーライト

暗い場所でセンサーが人を感知すると約30秒間点灯します。

無印 LEDセンサーライト

無印 LEDセンサーライト

※コンセントにさして点灯するライトですので、
停電時は使えません。
夜間地震が発生して、でも幸い電気は通ってるってとき
このライトがセンサーで点灯してくれるだけで
安心できると思います。

我が家の1階の廊下・玄関は、
マグネット付センサーライトと
LEDセンサーライトで、十分明るいので
家の照明はほとんど使ってません^^;

無印 LEDセンサーライト

災害時絶対必要なもの、情報

災害時、必要な物の上位にくるもの!

  • バッテリー(携帯の)
  • 情報

スマホの充電必要ですよね!

  • 連絡取るにも
  • 連絡取りたい人の電話番号確認するにも
  • ライトとして使うにも
  • 調べたりするにも
    絶対必要

そして、情報
今どういう状況か分からないっていうのって
すっごく不安なことです。
情報があれば どうすればいいのかの判断材料にもなります。

手回し充電ラジオ

無印 手回し充電ラジオ

電源切り替えスイッチで、単4電池・手回し充電ができます。
本体が筒状なので握りやすいです。

ただ手回しでスマホを充電しようとすると
かなりしんどそうです(;’∀’)

シンプルなので サッと手の届く場所に置いてても馴染む。
防災用品って感じしないですよね。

 

ライフラインが止まっても食べれる レトルト食品

無印にはたくさんのレトルト食品があります。

人気の『素材を生かしたカレー』シリーズ、
『ごはんにかける』シリーズ、
煮込みシリーズ。

カレーは50アイテムを超える数あるので、
お好みのものがきっとあると思います。

レトルト食品

無印 カレー

無印 レトルト食品

無印良品のレトルト食品は、
多くは賞味期限、製造から1年。
3年や5年持つ非常食ではありません。

なので、備えてそのままにしてたら賞味期限切れになってしまいます。

ローリングストック法をおすすめします。

ローリングストック法とは・・・
備蓄を回転させること。
定期的に食べて(消費して) 食べた分(消費した分)を足す。
よって、いつも同じ数がある。
定期的に順番に食べて(消費して)いくので、賞味期限切れ(消費期限切れ)がない。

無印のレトルト商品、温めなくても食べれます。
これ、災害時助かりますよね。
もちろん温めた方が 油脂分などが溶けおいしいですが。
電気がガスがとまってても、水とカセットコンロ、カセットボンベ、鍋があればあたためられます。

無印のレトルト、家族のお気に入り。
いろんな味があるので 楽しいし、
これが好き!ってものに出会えます。
それから 大事なのが 『いつもの食べ慣れた味』 っていうこと。
災害時、 食べ慣れない味の食事って 身体にも 精神的にも負担があります。
「これこれ! いつものこの味!」が安心できます。

無印 ローリングストック

リビングの収納に備蓄置いてます。

 

普段も持ち歩ける いつものもしも

連絡先メモ

家族の連絡先は、スマホに入ってますよね?
電池が切れてしまったらどうしますか?
連絡先、覚えてないですよね?
私も覚えてません・・・

そんなもしものために、
家族などの大切な人と連絡が取れるよう、緊急連絡カードに書いて、いつも持ち歩きましょう。

無印 連絡先メモ
私が持ってるのはもう何年も前からのものです。
今の物とはちょっと違いますが
無印良品のHPから”もしものメモ”ダウンロードできます。

無印良品”もしものメモ”

災害伝言ダイヤル171の使い方も載ってます。

家族にも持たせてます。

 

歯磨きシート・除菌シートなど衛生用品

災害はいつ起こるか分かりません。
出かけてるときに起こるかもしれない。

お家から離れてるところだと、
すぐに帰って来れないかもしれません。

時間が経つと気になるのは衛生面。

汗をかいたりしてきます。
口の中の清潔も気になります。

そんな時、お手軽に持ち歩くことができるシートなどあるといいです。

無印 歯磨きシート

歯磨きシート、
シートを人さし指に巻き付けて口の中の汚れをふき取るようにして使います。
スッキリします。

 

おわりに

無印良品の商品は日常で使えるものだけど
災害時も使えるものがたくさん。

災害時のことも少し考えて
選んでみてもらいたいなと思います。

非常時を意識させないシンプルなデザインが大好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました